COMPANY
EMPLOYEE
INTERVIEW

入社年 : 2015年
勤務地 : 本社
部署 : 第一開発部
イニシャル : K.Kさん

仕事のおもしろさ

入社時点では、プログラミングが全く分からない状態だったのですが、Javaなどの研修を半年以上行って今のプロジェクト参加しました。
プロジェクトに参加した当初は、初心者だったこともあり、初めて自身が作成したプログラムが設計どおりに動いたときに、この仕事の面白さを実感しました。
今では、少しですが、経験値も上がり、先輩方のアドバイスを頂きながらも一人で不具合を見つけて修正することができるようになってきました。

だからこの仕事が好き

最近、当社が日産グループのシステムを担っていることを実感しました。
現在のプロジェクトで、日産自動車の取引先様向けの説明会を手伝いました。
そこには数百社の取引先様が来られており、自分が知っている社名がいくつもありました。このような会社の人達が自分達が作ったシステムを使ってくださると考えると、やりがいや責任感が高まりました。
また、小さなことですが、どこかでバグが発生した際に、懸命に追跡して原因を見つけた時は、達成感を味わえます。
研修の時とは違い、業務のために誰かが使ってくれると思うとバグを出してはいけないと責任を感じています。

この会社を選んだ理由

車が好きだったので自動車関係の会社を中心に就職活動をしていました。
就職活動の最初の頃は、自動車造りとITが結びつくイメージは無かったのですが、この会社を見つけ新しいチャレンジができるのでは?と思い、IT未経験ではありましたが説明会に参加しました。
説明会の中で、日産グループで唯一のIT専門会社であり、且つ、世界で6社しかない日産と直接取引ができるIT会社に選ばれているという点に魅力を感じました。

社員

研修前後の心境の変化について

研修に参加するまでは、プログラミング経験が無かったため不安でいっぱいでしたが、講師や同期のメンバーに教えてもらっていく中で、徐々に不安が消えて行きました。
研修は期間も長く、中身の濃いものだったので、プログラミングの基礎を固めることがでました。
また、配属前には、会社の様々な業務について短期間の体験をすることができたので、会社の一員としての基礎知識を習得することができました。

就活している学生へメッセージ

社会人になってから自分が何をしたいのかをしっかりと考え、それを軸として就職活動をしてください。軸がぶれてしまうと自分が興味のない会社に入社してしまい、後悔することになるかもしれません。今の時期を大切にして、自分のやりたいことを見つけてください。

これからチャレンジしたいこと

この会社はグローバルに働けるチャンスがたくさんあります。 現在携わっているプロジェクトのシステムも今後、海外展開されていく予定なので、これを機会にグローバルな仕事に参加したいと思います。